人工内耳のリハビリテーションについて

先ほど入院先の島根医大耳鼻科の言語聴覚士の方から、退院後のリハビリのついて説明がありました🦻

手術後の傷が安定した1ヶ月後(今回は7/8)を目安に電気刺激のプログラム設定(音入れ)と初回のマッピング(周波数別に電気刺激量を調整する)をするとのことです。

その後は1カ月に1回くらいマッピングを行い、人工音に慣れるまで練習し、音入れから半年後には2〜3カ月に1回くらい、1年後には半年に1回くらいの頻度でマッピングを継続するとのことで、長期での対応が必要になるようです。

まあ、もともと重度難聴で会話はほとんど無理でしたから、少しでも人工内耳で改善されれば良いかなと思ってます。